BLOG

2021/05/28 UP

bonjour records, Joji Shimamoto and Onezker “All I Need”

bonjour records, Joji Shimamoto and Onezker “All I Need”

写真家の嶋本ジョージ氏とグラフィティアーティストのOnezker氏とコラボレーションしたアートピースを制作しました。
今回の作品のテーマとなった”All I Need”は、フランスのエレクトロニカ、アンビエント、チルアウトなどのサウンドが特徴のバンド”Air(エール)”の90年代の名曲。この曲の情緒ある歌詞にインスパイアされた嶋本氏が自身の莫大なアーカイブからパリのセーヌ川で若いカップルを撮影した写真を選び、その写真をOnezker氏がAll I Needの歌詞から引用したワードをグラフィティのハンドスタイルで描き、汚し、コラージュして生まれた作品。2人から今回のコラボレーションについてのコメントをしてくれました。

@jojishimamoto
all i need is …
あなたにとって今なにが必要だろう?こんな時代だからこそブレずに必要なものを追い続けたい。

@onezker
子供の頃聴いてたAIRのAll I Needを久しぶりに聴いたら、今みたいな世の中になる前に大事にしていた感情や想いが甦ってきた。ジョージに見せてもらったパリの写真がこの曲の歌詞と重なって、2人で一緒にまた何か作ってみようってなったんだ。
--

今回3作品の中からボンジュール レコードが1作品ピックアップしマーチャンダイズを製作。作品を大きくプリントしたTシャツ、フーディ、バンダナ、キャップをラインアップ。Onezker氏描き下ろしのBonjourをモチーフにしたタイポグラフィの刺繍がワンポイントになったアイテムです。

作品は、2021年5月29日(土)よりボンジュールレコード代官山店にて展示。同日よりマーチャンダイズの販売もスタートします。
当日は、作品を手掛けた嶋本ジョージ氏とOnezker氏がお店に駆けつけてくれます。


T-SHIRTS
¥7,040(税込)


HOODIE
¥16,390(税込)


CAP
¥5,610(税込)


BANDANA
¥3,300(税込)

嶋本ジョージ :

1983年生まれ。千葉県出身。 ロマンチスト写真家/クリエイティブディレクターOJAI, CALIFORNIAの高校で写真部に入り暗室で青春時代を過ごす 20 07年ACADEMY O F ART U NIVERSITY,SAN FRANCISCO, C A 写真科卒業。在米中にアメリカで数々の写真展を開催、企画する。2008 年に帰国後は新宿のTHE ART COMPLEX CENTER OF TOKYOで大規模な写真展を開催。STUDIO VOICEの別冊として発行された「日本の100人の写真家」 にも選ばれ、ラフォーレ原宿やBLUE NOTE TO KYOでの写真展示、 B ASEMENT GI NZAでの個展、ニューヨークで開催されたNEW CITY ART FAIRのメインイメージ写真に使われる等、自身のアート活動も精力的にこなす。 2014年麹町で約2週間開催し来場者1万3千人を記録したビル一棟を 美術館に変貌させたアートイベント#BCTION を主宰。2018年春、 渋谷に新しく誕生したMAGNET BY SHIBUYA109の施設内の壁画をプロデュースした。作品はその場の匂いや、音、湿気までも感じさせる。まるでLPレコードの針のノイズのよう に、安らぎと懐かしさを感じさせてくれる。また一瞬を切り取った写真は、前後のストーリーが映画のように想像できる。観る者の感性が呼び覚まされるような希有なフォトグラファーである。

ONEZKER :

東京都渋谷区出身。2000年代初頭15歳の時にグラフィティカルチャーと出会う。東京の都市部を中心に執拗なボミングを行い、当時の東京のグラフィティシーンのニューカマーとして頭角を現わす。2004~2012年までストリートの事情により長くシーンを離れることになるが、その期間閉ざされた空間で独自のハンドスタイルやレタリングの基礎を独習し、絵画に対する情熱と高いデッサン技術を身につける。 2012年にシーンに戻るとMontanaColorsの業務に関わり、それをきっかけに出会った世界中の新しい世代のグラフィティライターやミューラルアーティストの前衛的なスタイルから大きな影響を受け、自身もレタリングピースを描き続け独自のスタイルと新しいスキルを追求に没頭する。しかしクリエイティブな活動にシフトしつつも衝動的にストリートボミングを続けてしまい、クライアントワークや自身の作品から対価を受け取りながらも、ヴァンダリズムの中にしかグラフィティの本質が存在しないことを悟り再びイリーガルのグラフィティに情熱を注ぐ。 シンプルなタイポグラフィーを独自に進化させ、グラフィティの典型的なスタイルから飛躍したコンセプチュアルな作風が特徴。レイヤーと乗算、オーバーレイが好き。周囲にはあまり認知されていないが、タギング、ピース、スローアップなど様々なグラフィティの表現方法の中で実は一番タギングが好きで、今回のコラボレート作品ではそのセルフィッシュでマスターベートなハンドスタイルを披露している。

【取り扱い店舗】
bonjour records 代官山 TEL : 03-5458-6020
bonjour records 渋谷スクランブルスクエア TEL:03-6452-6186
bonjour records 京都 TEL : 075-211-3730
J’aDoRe JUN ONLINE
bonjour records ZOZO TOWN

2021/02/26 UP

NEW IN : Dickies & Koichiro Takagi & bonjour records

bonjour recordsがディッキーズに別注したジャケットとパンツのセットアップが発売。

アイゼンハワーJACKET
¥24,200 (税込)

874パンツ
¥16,500 (税込)

パンツは、ストリートで定番となってる874のワークパンツをベースに、ライトミリタリーモールスキンの生地をセレクト。カーゴポケットやサイドポケットにファスナーを追加。
フロントのベルトループを細くし、キーホルダーやカラビナを付けられる仕様にアップデート。
ジャケットは、Dickiesのインラインのモデルであるアイゼンハワージャケットをベースにフラップポケットのフラップ部分を小ぶりにしミニマムですっきりとした印象に。

また、今回の別注アイテムには、ペインティングから刺繍、コラージュ、ステンシルなどの幅広い作品を生み出すアーティ
ストの高木耕一郎氏に描き下ろしてもらったイラストを刺繍ワッペンにし、ジャケットはフロント部分に、パンツはバッ
クサイドのポケット部分に付けています。

ボンジュールレコードのブランド名からインスピレーションを受け、フランスの国鳥であるニワトリをモチーフに音楽要
素を組み合わせたスペシャルなイラストで他にはないスペシャルなアイテムです!

Koichiro Takagi | 高木耕一郎 | Artist プロフィール:
東京生まれ。San Franciscoのアートスクールでシルクスクリーンを学び、その後NYを制作拠点に画家としてのキャリアをスタート。その後帰国し、ペインティングから刺繍まで幅広い作風で国内外問わず企画展や個展開催で精力的に活動。
動物や擬人化した動物をモチーフとし、親近感と違和感、匿名性と神秘性など対峙する要素が混在する奇妙なユートピア的世界観を生み出す。
パンクミュージックやストリートアートに影響を受け、ペインティング、刺繍、コラージュ、ステンシルなど様々な素材を用いて表現の幅を広げている。
アパレルブランドへのデザイン提供やコラボレーションも多く行っている。

http://www.koichirotakagi.com

Photographer @henrikkursula
https://www.instagram.com/henrikkursula/

Model @martinhansson01
https://www.instagram.com/martinhansson01/

【取り扱い店舗】
bonjour records 代官山 TEL : 03-5458-6020
bonjour records 渋谷スクランブルスクエア TEL:03-6452-6186
bonjour records 京都 TEL : 075-211-3730

J’aDoRe JUN ONLINE
https://www.junonline.jp/news/58746
bonjour records ZOZO TOWN

2021/02/08 UP

“ネオグランジ”

90年代にアメリカのシアトルを中心に流行した「グランジ・ロック」という音楽ジャンルから派生した”グランジ・ファッション”。
bonjour recordsが提案する現代版”ネオグランジ・ファッション”、音楽シーンをご紹介いたします。

グランジ・ロックとは、ワシントン州の都市シアトルで発生した音楽ジャンルの一つです。
ポストパンク、ヘヴィメタル、ハードロックの影響が強く、パンク的な疾走感、スピード感、ダーティでどろどろとしたエネルギーが煮えたぎったようなハードでヘヴィながらも陰鬱な雰囲気、静と動の使い分け、歪んだギターサウンドと他とは一線を画したサウンドです。
Sub Popを筆頭としたシアトルのインディーレーベルがグランジシーンを牽引し、グランジバンドを撮影した写真がメディアに取り上げられたことにより、既存の派手なロックスター像とは異なる彼等の服装も大きな衝撃を与えました。
80年代後半まで、ロックミュージシャンと言えば、派手で豪華に着飾ることが当たり前の世の中でしたが、彼らは着古して擦り切れたネルシャツやカーディガン、穴の開いたジーンズに履きつぶしたスニーカーといったどこにでもあるアメリカの普段着でした。
このようなグランジスタイルが、音楽シーンだけでなく、若者たちのファッションにも多大なる影響を与えたことで、グランジファッションという新たなカテゴリーが誕生しました。
1993年になると、グランジはハイファッション界でも存在感を示し、カール・ラガーフェルドやマーク・ジェイコブス、マルタン・マルジェラといったデザイナーが、ネルシャツや破れたジーンズ、コンバット・ブーツなどを自身のコレクションに取り入れ、世界中の注目を集めました。

グランジファッションの代名詞といえば、90年代に活躍した伝説的バンド「ニルヴァーナ」のフロントマン・ギタリスト、”カートコバーン”。着古して擦り切れたネルシャツやカーディガン、穴の開いたジーンズやスニーカーなど。着くずしやレイヤードスタイルなど、普段の飾らないスタイルが印象的です。
「着飾らない自分を表現するため」、自分を表現する「日常着」のアクセントにおすすめな現代版ネオ・グランジスタイルアイテムをご紹介!

【bonjour records】フェザーヤーン バイカラーカーディガン
¥15,000+TAX

【bonjour records】フェザーヤーンbeanie
¥5,400+TAX

【bonjour records】カート&コートニー L/S TEE
¥7,500+TAX

【bonjour records】Sonic Youth/ソニック・ユース HOODIE
¥7,500+TAX

【bonjour records】Patti Smith/パティ・スミス TEE
¥5,800+TAX
>

【bonjour records】Bjork/ビョーク TOTE BAG
¥4,500+TAX

【Bonjour Girl】リバーシブル ボア フライジャケット
¥19,800+TAX

【Bonjour Girl】ROBERTA BAYLEY PHONE CALL LADYビッグシルエットTEE
¥4,900+TAX

【Bonjour Girl】2WAYニットチェックスカート
¥7,300+TAX

【Bonjour Girl】メタルメッシュショルダーBAG
¥5,800+TAX

次に、bonjour recordsがおすすめするグランジロックの影響を受け、今現在精力的に活動しているアーティストをご紹介いたします。

Sorry - Right Round The Clock

Goat Girl - The Crack

Big Bite - Blue Nine

【取り扱い店舗】
bonjour records 代官山 TEL : 03-5458-6020
bonjour records 渋谷スクランブルスクエア TEL:03-6452-6186
bonjour records 福岡PARCO TEL : 092-235-7142
bonjour records 京都 TEL : 075-211-3730
J’aDoRe JUN ONLINE
bonjour records ZOZO TOWN

※一部店舗で取り扱いのないアイテムがございます。詳細はお問い合わせください。

2021/01/19 UP

NEW IN : CARNE BOLLENTE 2021 SPRING/SUMMER COLLECTION -NUDE AGE-

CARNE BOLLENTEより2021 SPRING/SUMMER COLLECTIONが入荷いたしました。

THE NIGHT SCISSOR TEE
¥10,500+TAX

BEG OF ROSES TEE
¥10,500+TAX

THE WORLD TEE
¥10,500+TAX

DEEP SECRET TEE
¥10,000+TAX

ABUDUCTION SEDUCTION TEE
¥11,000+TAX

EXTRATERRESTRIALBUKKAKE TEE
¥10,500+TAX

HANDY FORTUNE L/S TEE
¥12,000+TAX

PUSSY POWER TEE
¥12,000+TAX

COUPLE CALENDER RETURNS HOODIE
¥22,000+TAX

EXTRATERRESTRIALBUKKAKE RETURNS SWEAT
¥21,000+TAX

FOOT FETISH CLUB SOCKS
¥3,300+TAX

FLASH GORGON SOCKS
¥3,300+TAX

MIDNIGHT MAN SNACK SOCKS
¥3,300+TAX

SOGGY AFTERNOON CAP
¥8,000+TAX

CHARDE CAP
¥8,000+TAX

SUN LEAVES ASS WALLET
¥15,000+TAX

【取り扱い店舗】
bonjour records 代官山 TEL : 03-5458-6020
bonjour records 渋谷スクランブルスクエア TEL:03-6452-6186
bonjour records 福岡PARCO TEL : 092-235-7142
bonjour records 京都 TEL : 075-211-3730
J’aDoRe JUN ONLINE
bonjour records ZOZO TOWN

2021/01/08 UP

閉店のお知らせ:bonjour records 福岡パルコ店

日頃より、ボンジュールレコード 福岡パルコ店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
急なお知らせとなりますが、 当店は2021年 1月31日(日)をもちまして閉店する運びとなりました。
永い間、皆さまと共に素敵な時間を過ごさせていただきましたことにスタッフ一同感謝いたしております。

感謝の気持ちを込めまして、2021年1月9日(土)よりTHANKS SALEを開催いたします。

---------------------------------
※福岡パルコ店限定※ THANKS SALE
2021/1/9(土)~1/31(日)まで
---------------------------------

店内商品が表示価格より10%OFF、セール品は割引価格よりさらに10%OFFの特別価格でご購入いただけます。
※一部対象外もございます。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

bonjour records 福岡PARCO TEL : 092-235-7142

TWITTER

Follow @bonjour_records (4566 followers)