MUSIC

2020/03/20 UP

SOUND OF THE WEEK


LAPSLEY / THROUGH WATER
レーベル争奪戦の上、XLと契約しBILLIE EILISHも彼女からの影響を公言しているLAPSLEYの4年ぶりの新作。THE XXやJAMES BLAKEにも近いコールドなエレクトロニック・ポップ。冷たく深い水の中にいるようなジャケ通りのサウンド。或いは、BLOOD ORANGEやKINDNESS、RHYEなどの浮遊感あるサウンドが好きな人にもおススメの英サウスポート出身の才女。


PORRIDGE RADIO / EVERY BAD
赤を基調としたYMOや中国女風のスタイリングにバズカットという近頃あまり見ない圧倒的なルックスが目を惹く英国ブライトン出身のポストパンクバンド。
GOAT GIRLやSORRYと並ぶUKの星であり、STEF CHURAやGIRLPOOLなどUSの轟音好きにもオススメのサウンド。絶好調のSECRETLY CANADIANの中では近年最もハードなバンド。


OXZ / ALONG AGO: 1981-1989
やはり。ここへ着手したのか。SACRED BONESをはじめ多くのパンクス達がゴス~アナーコ~ネオサイケを再評価してきた中で、CAPTURED TRACKSがジャパニーズ・フィメール・ポスト・パンクのOXZを再発。ZELDAやTHE NURSEと並ぶ我が国の女性バンドの宝。ゴス、ポストパンク、ネオサイケから後のバンドブーム~V系に続いていく日本ぽさが海外のゴス再評価に完全にハマるジャパコアにも負けないサウンド。これまでにBONA DISHやSAADA BONAIREなどを再発し、実は再発掘に定評のあるCAPTURED TRACKSらしい1枚。モタるビート、ゴリゴリのベース、ヒリヒリのギター。シティポップやアンビエントだけが日本の遺産ではなく、アウトサイダーのジャパコア~ポストパンクの良さが詰まったコンプリート音源集。


RATGRAVE / ROCK
APRONからリリースしていたMAX GRIEFの別ユニットRATGRAVEの新作。前作から続くAZYMTH、SOFT MACHINE路線のフュージョン~ジャズロックはそのまま延長しながら、ゲームミュージック感やPET SOUNDSやSMILE風のトロピカルなモンド感も加えプログレッシヴなフュージョンサウンドとゲーム、サイケが同居するちょっと聴いたことのない不思議な世界観。

OTHER & RESTOCK RECOMMEND

【取り扱い店舗】(店舗によって入荷状況が異なる場合がございます)
bonjour records 代官山 TEL : 03-5458-6020
bonjour records 渋谷スクランブルスクエア:03-6452-6186
bonjour records 福岡PARCO TEL : 092-235-7142

TWITTER

Follow @bonjour_records (4643 followers)