MUSIC

2020/04/22 UP

SOUND OF THE WEEK

KANYE WEST / JESUS IS KING
2019年、合唱団とゴスペルを奏でるイベント「サンデーサービス(日曜礼拝)」巡回を開始。最初こそ限定的な集まりだったものの、 伝統的な礼拝とは異なる「祈祷も説教も言葉も無い、ただ音楽、ただフィーリング」という主旨で行われゴスペル風にリミックスされたヒップホップやR&Bは礼拝文化に親しくない音楽ファンも接しやすいゴスペル体験となり、1年足らずで活動の場をコーチェラ・フェスティバルや大学、そして刑務所にまで拡大させていったKANYE WEST。自身の事故の経験も踏まえ、神からの啓示、更には自身が神へとならんとするネクスト・ステップは前述の概要からは予測できない程にポップで簡潔、純度の高い良質なゴスペル・ヒップホップアルバムに。


THUNDERCAT / IT IS WHAT IT IS
もはやジャパニーズ・アニメーションの伝道師かと思うくらいのスタイル、イメージが定着してきた超技巧派ベーシスト/プロデューサーTHUNDERCATが2017年間ベストと呼び声高い『DRUNK』から3年越しに新作をリリース。盟友Flying Lotusとの共同プロデュースとなった今作には、Steve Lacy、Steve Arrington、Childish Gambinoに加えKamasi Washington、BADBADNOTGOODら豪華かつマイメンなアーティストが多数参加。抜群の安定感です。


PURITY RING / WOMB
DANNY BROWNやJON HOPKINSといった幅広いアーティストのアルバムでもフィーチャーされるなど、ジャンルを超えた活躍をみせるカナダ・モントリオールを拠点に活躍する、シンセポップ・デュオPURITY RINGが約5年ぶりとなる3作目のアルバム『Womb』を〈4AD〉よりリリース。ダイナミックなリズムと色鮮やかなエレクトロニック・サウンドに煌びやかなヴォーカルが際立った爽快な先行トラックはじめ、ODESZA~GRIMESやCHVRCHESといったアーティストにも通じる秀逸な楽曲を含む全10曲を収録。



YAEJI / WHAT WE DREW
2017年にデジタルのみでリリースした『Drink I’m Slippin On』で世界中のアンダーグラウンド・ダンスミュージックファンの心を鷲掴みにしたソウル~NYに拠点を置くプロデューサー/DJ/ヴォーカリストYaejiが最新ミックステープを〈XL Recordings〉よりリリース。韓国産インディー・ロックや90年代後半~2000年初期のヒップホップ、R&Bからインスピレーションを受けたYaeji、彼女の世界観、世代感をモロに表現したB級アニメと気だるげなヴォーカルに、DIYポップ~ダンスを横断する『WAKING UP DOWN』を筆頭に、全体的に靄がかかった様な浮遊感、幸福感に満ちたダンス~ベース・サウンドを展開。Peggy Gou、park hye jinに加えて韓国ダンス・シーンを牽引するであろうハートウォーミングな新鋭プロデューサー。

MORE & RESTOCK RECOMMEND

【取り扱い店舗】
bonjour records J’aDoRe JUN ONLINE

TWITTER

Follow @bonjour_records (4593 followers)